家族の携帯電話

家族の携帯電話やパソコンから情報を得ることも大変重要になる事があります。 特に携帯電話(スマートフォン)にはかなりの情報が詰まっています。 内緒に家族の持っている携帯電話を覗き見る事に罪悪感を感じる人もけっこういるかもしれません。 この行為について全くの他人ではありませんから違法性を問うことは現状の法律ではなかなか出来ません。 仮にロックが掛かっていたとしても覗き見たり、内容を写真に撮っておいたとしても問題視されません。 なぜこのような背信的行為を推奨しているかというと家族を守る為でもあるのです。

配偶者に対して

浮気や不倫の疑惑が生じるきっかけは配偶者のパソコンや携帯電話の発着信履歴、メールやラインのやり取りから保存されている画像を覗き見る事で発覚することが多くあります。

ただ、ひとつ問題があります。 メールなどSNSの内容だけでは浮気や不倫の証拠としては弱いことが多々あります。

「好きです」「愛してる」「抱きたい」「抱かれたい」などの言葉が入っていたとしても何も浮気の証拠にはならないのです。 確かに浮気をしている可能性は高いと思いますが冗談でメールをしていたんだとか友人が勝手に自分の携帯を操作して送信、自分ではないと言い張られたら結果的に水掛け論に終わってしまうのです。 それでもメールの内容は画像に保存しておいて下さい。 ここで大事な注意なのですが自分のパソコンや携帯電話に転送することはお止め下さい。 「不正アクセス禁止法」に抵触する可能があります。 あくまでも自分のカメラで撮影する事をお勧めします。

また携帯電話については頻繁に発信していたり、着信している特定の電話番号があったら番号と日時を撮影したり控えておくことをお勧めします。 当然、これも浮気の証拠には一切なりませんが浮気調査などで浮気の証拠が得られ、浮気相手がこの電話番号の持ち主であったら、いつごろから交際が始まったかの裏付けとなる場合もあります。

このように配偶者のパソコンや携帯電話の中を見て、それらしい事があったとしても絶対に配偶者を問い詰めたりしないで下さい。 配偶者は気付かれたかもしれないと思い、警戒するだけです。 こうなると探偵に浮気調査を依頼しても調査料金の負担が増えてしまう場合もあります。 ですから携帯電話やパソコンに浮気や不倫の疑惑が感じられましたら相手に悟られないように探偵に浮気調査を依頼する事をお勧めします。 まず短期間で浮気の証拠が掴めることでしょう。

尚、もしも保存されている写真画像の中に浮気相手と一緒の裸や下着姿の写真でもあれば探偵に浮気調査を依頼しなくても、これで充分な浮気の証拠として取り上げられます。 このような写真が携帯電話やパソコンなどにこっそり保管している人もいますので「ピクチャー」関係の確認も重要です。

子供に対して

配偶者ばかりではなく、お子様の携帯電話やパソコンを見ておくことも重要です。 これは子供の異性問題ばかりではなく、メールなどから交友関係をきちんと把握する事が重要となってきます。 交友関係を把握することで非行問題からいじめ問題も掌握することが可能となってきます。

子供は誰もが子供なりのプライドも持っており、親にはなかなか正直に話をしません。 異性との恋愛もさることながら非行グループの交友関係もメールやラインを覗くことで犯罪行為の参加なども手に取るように把握することも出来ることがあります。 同様に過去の犯罪についても仲間同士とのやり取りではいろいろな事も書かれており、過去の内容を見ることで またいじめについてもメールやラインのやり取りなどでいじめの実態を把握することが出来ます。

こういった内容を覗き見するだけではなく、画像にして保管しておくことはお勧めします。 いじめの証拠として後日、いじめの加害者を特定するばかりではなく、学校関係者などを納得させられるものになります。

また異性問題、非行問題、いじめ問題などにおいては子供の家出と繋がるケースも多々あります。 家出においてはご両親がどれだけ交友関係を把握しているかが重要な捜索の手かがりとなります。

常日頃から子供の携帯の内容を把握しておくことはとても重要であることは理解していただけかと思います。

親が勝手に子供の部屋に入るのも躊躇する世の中となってきていますが子供の部屋にも入れず、携帯電話も触れないでは子供について全く知らない事と同じです。

現代の親子様の中で子供の交友関係を事細かく知っている人はまず希だと思います。 子供が非行に走り、いじめに遭い、家出したりと事が大きくなってからからでは遅すぎます。

特にいじめについては自殺という最悪なケースもあるのです。 早くいじめの実態に親が気付いてあげないと取り返しのつかない事もあるのです。 子供に問い質してもまず認めません。 気付く手段として普段からなにげに覗いてみることがとても大事なのです。 子供に遠慮なんてしないで下さい。

配偶者にしろ、子供にしろ、携帯電話やパソコンの内容をこまめに覗くことの重要性は理解頂けましたでしょうか。 確かに勝手に覗き見るという行為に罪悪感を感じる人も多いのは確かですが配偶者や親であるからこそ出来ることなのです。 なにか事が起こってからでは遅すぎますので日頃の言動から関心を持って接し、時には携帯電話やパソコンを覗き見る事も家族を守る重要な手段のひとつです。